キャッシングの審査ポイントはこれだ!

審査のポイントをご紹介します

当サイトへお越しいただきありがとうございます。
早速ですが、『キャッシング審査のポイント』からご紹介したいと思います。

審査の項目はたくさんあるのですが、本当に重要なポイントとなると絞られてきます。
次の5つの項目で1つでもひっかかると審査に通らない可能性が出てくるので、注意しておきましょう。

審査に重要な5つのポイント

信用審査で重要になるポイントには次の5つがあります。
年収は安定しているほうが断然有利ですが、下の5ポイントさえクリアしていればキャッシング利用できる可能性はぐっと高くなります。

審査ポイント 審査上有利 不利
1.履歴(信用事故) 良好(事故なし) 事故あり
2.他社借入件数 なし〜1件程度 3件以上
3.他社借入額 年収の3分の1以下 年収の3分の1
4.他社申込履歴 直近半年間なし 3カ月以内に
複数社申込
5.自社ブラック履歴 なし あり

1.履歴:信用照会をした際の履歴が良好か、それとも事故(ブラック情報登録)があるかという点です。ブラック登録されていると、審査では不利になります。

2.他社借入件数・3.他社借入額:借入件数が多い場合、総額が少なくても不利になります。借入総額よりも件数が重視される傾向にあります。

4.他社申込履歴:他社に新規で申込をしたかどうかを見ます。直近数カ月間に複数の申込履歴があると不利になります。

5.自社ブラック履歴:個人信用情報機関とは別に、貸金業者も自社の顧客の信用情報は独自に持っています。過去にその業者からの融資返済中に債務整理や破産宣告を受けた経験がある場合、やはり審査では不利になります。

>>キャッシング審査の項目について

キャッシング業者の本音は「貸したい」

キャッシング業者は、そもそも融資をしなければ利益が出ないので、できるだけ貸したいというのが本音で、審査で多少条件が悪くても、その人を見て返済する意思があると判断されれば融資契約を結ぶ業者も意外にあるくらいです。
上の5ポイントをクリアすれば、キャッシング審査も怖くありません!⇒消費者金融の金利のことならこのサイトがおすすめ